2019年2月 7日 (木)

2019年2月2日 須下

笹尾大名人、八田、私の3名で須下へ
この日は風が落ちるというので、釣行したが全く風が落ちない。
ヤスケに3人上がり、ジャンケンに勝った大名人が船着き、2番の私が西の高い所へ
八ちゃんは、西側の低いとこでやる。
結果
大名人 46cm、40cmの2匹
私43cm~33cmのグレ5匹
八田 ✊
22
大名人にご指導料をお支払いいたしました。
メチャクチャ寒かったせいか、磯上がりした時点で38度くらいは熱があったと思う
家に着いて計ったら、38.6度あり休日診療所に直行いたしました、
インフルではなかったみたいで一安心!

2019年1月24日 須下

風が落ちるというので、4人で釣行
徳島から宗広drと私、松山から粟飯原、青野
ナガハエ
 青野    グレ43cm~35cm 5匹
 粟飯原  グレ48cm~40cm 2匹
ヤスケ
 宗広    46.5cm~35cm 10匹
 徳山    46cm~35cm   18匹
朝の内風がものすごく吹き、1投目で釣ったグレを入れたクーラーを飛ばされ、氷1個だけすくい、茫然としてたら、クーラーが磯に沿って流されていくのを発見。
玉をもって磯を伝って追いかけ、どうにかクーラー回収!
一息次いで、釣り再開。
釣れるワ 釣れるワ!クーラーに小さい氷1つしか入ってないので魚がいっぱい入る。
結果、クーラーを持ち上げられなくなるまで釣り、1時に終了。
クーラーを運べないので、バッカンに5~6匹入れ運び上げた。
124
上がってから、検寸したが
私の完全優勝かと思われたのだが、Drに0.5cm負け
そのDrは、たった2匹しかよう釣らんかった粟飯原に負けてしまいました。

2019年2月 6日 (水)

2019年1月19日 須下

笹尾大名人と二人で釣行
土曜日なので人がウジャウジャ 20人以上はいてる
船頭に黒崎2番か、ウノクソと言われ、ウノクソを選択
弁当船まで全く釣れず、下のナガハエが空いているというので磯替わり。
笹尾大名人は船着きで、私は東側へ移動
結果
私、グレ41.5cm、398cm イサキ35cm、33cmの2匹
針外れ3回、1発3号ハリスをぶち切られました。
大名人は、グレの部、イサキの部共に指導料をお支払いいただきました。119
魚は釣れんかったけど、清々しい1日でございました。

2019年 1月10日 須下

町内会の釣り好き4名で須下へ釣行
黒崎3番
 松本・・・イサキ3匹(40cm~35cm) グレ1匹
 田口・・・アカハタ1匹、イサキ数匹
ナガハエ
 近藤・・・グレ45cm~33cm4匹 イサキ1匹
 徳山・・・グレ47cm~33cm9匹 イサキ1匹
110_1
最終結果
110_2
天気も良く、釣果に恵まれ楽しい1日でした

2018年12月20日 須下へ

タコ名人と2人で須下へ
風もなく絶好の天気だった。
平日というのに、17人のジジイが来ていた。
シリブトへ2人で上がり、まずジャンケン
タコ名人が勝って、高場を選択、第一投目から40cmクラスを釣りあげられプレッシャーを受ける。
私も第一投で、グレをゲット!ハリス3号
タコ名人は、最初2.75号ハリスでその後2.25号に変更して合計4匹を釣りあげました。
私は、48cm~36cmのグレを11匹、イサキ38cm~35cmを6匹の結果でした。
最終結果
1220_2
途中経過
1220
もちろんご指導料もいただき、ありがとうございました。

2018年11月25日 由良半島 古川渡船

新居・宗弘杯 グレマスターズ
参加者12名
地釣
 タコ名人・・・・・45cm
 シェーリング・・46.8cm
 青野
小島
 茂木・・・・・・・・44cm 合計7匹
 徳山・・・・・・・・43cm 合計4匹
アマザキ1番・・・討ち死に
 八田
 新居
アマザキ2番・・・討ち死に
 粟飯原
 中村
アマザキ3番・・・討ち死に
 堀井
 宗広
大会優勝者は、シェーリングのMRさん
場外乱闘はを制したのは、タコ名人でした。

2018年12月16日 須下

天気が良さそうなので、急遽釣行(人が多すぎて仮眠が予約できない)
松山から粟飯原、 徳島から私と宗広dr 八ちゃんは忘年会があるので一人で徳島から参加
黒崎3番
 1番 粟飯原:41.5cmを頭に合計4匹 
 3番 徳山:41.5cmを頭に合計11匹、イサキ3匹(35cm前後)
黒崎2番
 2番 宗広: グレ1匹(ジャンケンに2番目に勝ちながら2番を選択)
 
 4番 八ちゃん:✊
人がいっぱいで磯変わりが出来ない状況でした。
結果 粟飯原と私が賞金を分け合いました。

2018年11月21日 須下へ

今シーズン2連敗しているので、験直しに須下へ
同行者は笹尾大名人、ということで若干の不安を感じる。
シリブトヘ二人で上がり、笹尾氏はその後ムロバエに移動
弁当船まで何の釣果もなく、左からの流れに乗せて流していくと、オオモンハタが食ってくる。
グレのあたりもエサ取りのあたりもなく、オモリをハリスに打つとアイゴが食ってくる。
Img_3687176_1
お土産に持って帰るのにはうれしい魚なのだが、グレを釣らないと勝負に負けてしまう。
結果、大名人がこんまいグレをたった1匹釣って、私の友達の英世様を1人連れ去ってしまいました。

平成30年11月8日 リベンジ中泊

宗広drと二人で又々、ナカバエに

drは、この前私とタコ名人がブツブツ切られてるのを横目で見ながら悔しい思いをしてたらしい。

水温は21度もあり前回同様、キツにブツブツ切られるのか?と思いつつ

二人で船着きで竿を出す。

案の定、ブチブチと切られ続けました。その数12~3発(。>0<。)

キツだろうとわかっていても、姿を確認できないのでフラストレーションが貯まりっぱなし。

今回もな~んも無し11月に入ったというのに、今シーズンは出足説不調。

平成30年10月25日 今シーズン初釣り

今シーズン初釣りを中泊で開始
参加者は、宗広、タコ名人、私の三人でナカバエに上がる。

じゃん拳に勝ったタコ名人が船着き南、私がその隣、宗広drはずーっと奥のへ

仕掛けは、皆さんの詳細は不明だが、竿は2号クラスでハリスは2.5号~4号だったと思う
私は、竿1.75号、ミチイト3号、ハリス2.5~4号、針剣華グレ8号

果たして結果は、ブツブツ切られ、何発切られたかは記憶できない(;ω;)      
タコ名人も全く同様ブツブツ切られ続けていた。
しかし、drの場所はぶっちぎって行くヤツは居ないみたい。

結果は、宗広dr イサキ30-35cm を3匹
タコ名人 イサキ35年cmを1匹
私は 何にもなし✊

後で水中動画をよーく観察したら、キツしか写っていませんでした。

«リベンジ中泊