« 12月19日 強風の小松島一文字 | トップページ | 1月16日 日振りへの釣行 »

2009年12月29日 (火)

21年度 最終の釣行

12月23日 ホームグランド須下への釣行
本日のお天気は 晴れ 風は西よりの風だがそんなには強くなく、絶好の
釣り日和也。それに付け加え満潮が10時過ぎという須下にとっては最高の
コンディションでございました。

同行者は笹尾大名人 賢治大先生 井内おっさん 私の最強4人衆で出陣!

前回釣行時、井内おっさんがニギリから棄権し、千円取り損ねたので今回は
頂ける様、数日前から他のメンバーに根回しをし、万全の態勢で望みました。
結果報告
(今回は絶対ドローが無いように最低基準を設けずにグレ2匹長寸)
井内のおっさんが、たかだか 30Cm少々のグレを2匹釣り、大枚4000円ゲット。

   211223002_2

賢治大先生は、2匹長寸の規程をクリアする為意地汚く、15Cm、18Cmの
グレまでもクーラーに大事そうに入れておりました。
その腐りきった根性は見上げたものですが、結果は負けでございました。
(惜しそうに千円を支払ってました。)
賢治大先生と井内のおっさんは、最初キヨバエに上がりその後、黒崎の1番に

磯代わりしての結果です。

        211223001

一方連敗街道爆進中の笹尾大名人はというと、クーラーの中はいつものように
食料品がたっぷりと納まったままの状態でのお持ち帰りでございました。
人のことは色いろと書き綴ってまいりましたが、
私目の結果は無残にもゼロ!
グレのグの字も無く、気配さえ感じぬままに時が過ぎ、釣れてきたのは
ヒラソーダ1匹、ウスバ1匹、フエフキ(小さい)1匹 以上でございました。
笹尾大名人と私は、最初から最後まで足場の悪いヒデバエでの釣果です。
特記事項 2件
1件目
大名人 笹尾氏は、竿1号(ダイワのT-1古~い廃盤になった竿)にハリス
3号の仕掛けで3回ぶち切られ(何回言うても、仕掛けを換えなければならない
という判断能力が働かない)

流石に3回目の後には、竿3号、ハリス4号に変更し再挑戦!

果たして結果は、又もブチ切られて5回目はありませんでした。
(本人曰く、オナガかシマアジに切られたと言い張っておりますが、私は隣で
釣っていたので、よぉ~~く分かっています。)ただの妄想です!!
(しかし私も大人ですので、直接大名人には「何考えとんじゃ」とか

「何年磯釣りをしとんじゃ」とかは一切口に出しておりませんです。)

2件目
賢治大先生がヒラソーダを抜き上げようとした時、リールシートを持つ手がすべり
穂先が5Cmほど折れました。先日も同じレセプターR 0.8号を折って
5400円で穂先交換をし、今回又1.5号を折ったので最低5400円は必要です。
今回の釣行での大先生追加出費は、合計6040円以上になることが決定した。
色んな感情を込めて、書き留めておくことと致しました。
今年の釣りは本日が最後となりましたが、
いつも思っていることですが、釣果を毎回は望みません!
釣行の度、何かハプニングが起きることを期待しつつ
(決して自分自身は絡まないことを念じて)
来年も修験者の自覚を持って修行に励みたいと思っております。

« 12月19日 強風の小松島一文字 | トップページ | 1月16日 日振りへの釣行 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

最終釣行は27日、日振島10番でした。
朝一から爆風で釣りにはならず!
よろけたり、よろけた際に足を海苔のついた場所に
ついてしまい転倒!
生物はおじさんとグレ1尾のみ
ウキに変化あったのは10回も無く、サシエすらほとんど触らず!

しかしやっぱり遠矢ウキ!44.5センチをたまたまゲットして
納竿

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/47147724

この記事へのトラックバック一覧です: 21年度 最終の釣行:

« 12月19日 強風の小松島一文字 | トップページ | 1月16日 日振りへの釣行 »