« 1月16日 日振りへの釣行 | トップページ | 2月11日 本年3回目の釣行 »

2010年2月 2日 (火)

1月30日日振りリベンジ大会

1月30日 日振り島へ釣行 天気は晴れ 大潮 風やや強い
1月16日の大会で無念のボーズであったので、リベンジを誓い
前大会に参加した恵まれない連中が寄り集まって今大会を開催。入賞規定は1位から3位まで表彰、基準は2匹長寸(グレのみ)、もし2匹の釣果がない場合は1匹でも可というルールで実施
参加者は、田中大先生、笹尾大名人、井内のおっさん、富沢、前田、桜木プラス私の7名と稲井ほか6名(名前を知らない連中)の合計14名の参加で執り行われました。
各人2名づつのグループに別れ代表者が磯の選択をすることになり、私は井内のおっさんとのペア、田中+稲井、富沢+前田、笹尾+桜木、の4組の磯指名は、一番クジは田中ペア・・・10番 3番クジは笹尾ペア・・・サンカク 6番クジは井内ペア・・・3番 7番クジは富沢ペア・・・ムラコシの何番か不明、に磯が決定しました。
このペアの中で、笹尾大名人は来る道中の車での会話で、「はまゆう」の船頭より自分のほうが磯を良く知っとる!と、豪語してましたが、クジの順番が私より早いのにもかかわらず選んだ磯は、「サンカク」でした。日頃から、潮の流れる磯でなければ上がる気がしないとおっしゃられている大名人の選択とは思えない選択結果でございました。この選択を耳にして、この大名人は入賞からは確実に除外させると、確信したのでございます。
果たして結果はというと

優勝・・・稲井 46Cmと43Cm、38Cmの合計3匹(写真を撮り忘れた)

準優勝・・・桜木 45Cmと35Cm、27~30Cmのを3匹の合計5匹

Photo_6

3位・・・名前を知らない 40Cmと33Cm、匹数は未確認

Photo_7

特記事項①として、富沢が40Cmオーバーのグレを1匹釣り上げたことをこの記録に残しておきたいと思います。今後この記録を10年間続けたとしても富沢氏の釣果記録を記載することは「ナイ」と思われますので、あえて入賞外記録として残しておきます。
特記事項②として、大名人笹尾氏は磯替りりで、我々のいる3番にやってきました。来るなと言うのに「疫病神」のように不吉な運気と共にやってきました。当然ペアの桜木氏も船には乗ってましたが、我々のいる磯には下りず、1人で木下バエに行き、結果5匹釣り上げ(1回バラシがあったそうです)準優勝、それに引き換え笹尾大名人は、我々の磯へただ邪魔をしに来ただけ、桜木氏と木下バエへ上がっておけば、優勝か準優勝の可能性があったものを・・・。流石は大名人、その称号に恥じない行動をとった結果が、大会の結果でした。
特記事項③として、本日優勝した稲井氏と同じ磯に上がっていた田中大先生について記録しておきます。稲井氏は46Cmを筆頭に3匹のグレを釣りましたが、もう一人の田中大先生は、「ボーズ」(なんと心地よい響きなのでしょうか)!彼から釣った状況等を詳細に聞こうとしたのですが、状況説明も仕掛けの話も具体的内容は一言も聞くことはかないませんでした。私は人の情も優しさも持ち合わせている人間ですので、さらにひつこく、本日の釣れなかった課題と反省、それに対する今後の具体策を話すように問い詰めたのですが、彼の口からは声が聞こえて着ませんでした。

他人のことを小姑のごとく重箱の隅をつついてまいりましたが、最後に私の釣果を記しておきます。 又してもボーズ(本年2回釣行し2回ともボーズ) 近頃はボーズの響きに「BOSE」を重ね合わせ、快感に思える響きになってきました。しかし、タイは釣りました。4匹、(しかし銭にならんのですタイでは・・・・・。グレでなければ)最大は65Cm最小は20mの合計4匹、3番の一番東の引潮に乗せて50m~150mまで沈め探り釣りで狙った結果ですが、

Photo_8

それとは別に竿1本少々の棚を取り、引かれ潮を流していて10m程沖でくわせたのですが、卓越した釣技の持ち主の私は、ハリス2.5号を手前の磯に突っ込まれてぶち切られてしまいました。同じ場所を流していて取り込んだのは40Cmのアイゴ

Photo_9

今年は何時まで連敗記録が続くのでしょう?昨年末は超強気だったのだが・・・・。
ブツブツ・・・・ 、昨年は確か8連敗で、終止符を打ったような記憶があるが、これから2月3月で連敗記録を止めるには、「竹が島」しかない。しかし竹が島は40Cmまでがメインで釣れている様子なので、もう一つ(梅雨グレ狙いの時は別だが)。そんなことを言っていられるのは今の間だけのような気がする(段々弱気になりつつある)。次回の釣行はホームグランド須下にしよ~ツと!

« 1月16日 日振りへの釣行 | トップページ | 2月11日 本年3回目の釣行 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

真鯛65を1枚だけかと思いきや4枚+アイゴ付
素晴らしい釣果でございます。私はまだフカセで真鯛を釣ったことはありません。童貞です!!

期待の大名人これで2連続で氷を捨てて帰りましたか???
7番シモリの爆発力は何だったのでしょうか?
もしや今年1年分のグレ釣果を釣ってしまったのでしょうか? それは言い過ぎとして1月2月分は釣り切ったでしょうね。
大名人はまだ2回は釣行するでしょうから今後も釣果報告から目が離せません。

「遠矢ウキの使い手」殿!あなたはまだまだ推察眼に磨きをかけるべきです。というのも、大名人が1年分のグレを釣ってしまった。というような推察では勝負に負けてしまいます。大名人は10年分のグレを釣ってしまったのです。今後も大名人の釣果の推移をつぶやいていきますのでお楽しみに!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/47454815

この記事へのトラックバック一覧です: 1月30日日振りリベンジ大会:

« 1月16日 日振りへの釣行 | トップページ | 2月11日 本年3回目の釣行 »