« 5月2日 武者泊への釣行 | トップページ | 湯山でのアマゴ釣 »

2010年5月 9日 (日)

5月8日 須下への釣行

5月8日 長潮 晴天 風も波もなし

一人寂しくホームグランドへ釣行 本日は一人なので最初から、今まで上がったことのないワラサキのチョボに上がると決めて船頭にお願いする。(この磯は笹尾大名人から尻が痛くてたまらんようになると聞いていたが、そんなバカな!と思っていた)

潮が満ち八分で、一人で磯上がりできない。いつも顔を合わす香川の高橋氏が手伝ってくれてやっとこさ磯上がり、上がったは良いが身動きできない! チャラン棒にクーラー、竿ケース、を引っ掛け、バッカンを先端の窪みに置く

Imgp0249

Imgp0250

どうにか仕掛けを作り、先端に出てマキエをし第一投。いきなりウキが横走り、上がって来たのは34Cmのグレ。これは幸先よしと思いマキエをしながら投入するが、ウマズラ、ウマズラ、ウマズラ、・・・・・・・・・。ウマズラの下にはグレが時々見えるのだが、食ってくるのはウマズラばかり。これではかなわんので、浅棚と深棚の両方狙えるように2本針仕掛けで投入、ウキが見事に入りかなりの手ごたえ。これはと思いきや、ウマヅラの二丁がけ(ガックリ)それからが大変。2本のハリスは2ヒロと、2ヒロ半。上のヤツをタマですくっても下のヤツをブリ上げられない。仕方ないので上のヤツをとりあえずすくって針をはずし(その間、竿を寝させ下のウマズラは泳ぎ放題)又、タモで下のヤツをすくうという悲惨な結果を招いたのでありました。

しかし学習能力の無い私は、そのままの仕掛けで引き続き釣り続け、今度は上がウマヅラ、下がグレというパターンに陥りましたが、下のグレは28Cmだったので、ナントカ取り込むことが出来た次第でございます。

弁当船までは引き潮で、グレは2匹だけ!この時点で、笹尾大名人の尻が痛くなるという意味をすでに実感していましたが、今日はこの磯で1日過すと決めていたので、意地でも磯代わりするつもりはありません。

その後、満ちの潮が入り始めグレを1匹追加(1匹はこの日の最超寸43Cm)、その後本格的に流れ始め、ウマズラもあまり釣れなくなり何所へ投入してもサシエが残るようになり、ウキ下を竿一本と1ヒロにして本流を流し41Cmを追加(満ちの潮が入り始めてからは1本ハリスに変更してました)これは後が続くと、ウキを本流に乗せて流していたら船外機おっさんがやってきて磯際を通過するではありませんか、慌ててリールを巻くも時すでに遅し、船の通過とともに竿が引っ張られていきます。(仕掛けは全てサヨウナラ!今日道糸を巻き変えてきたばっかりやのに・・・・。)悲しすぎる。おっさんもっと磯から離れて通れヨ。アッタマに来る。

この時点で足、腰、ひざ関節、尻、に痛みが出始めていたので今日はこの辺で許してやることにしました。

Photo_3

Photo_4 

« 5月2日 武者泊への釣行 | トップページ | 湯山でのアマゴ釣 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

さすがの釣果でございます。今回は同行できなくて残念でした。フナツキで制覇、先日は黒崎でオレガとリベンジしたかったのですが・・・。

今年はリールの左巻きに挑戦したいと思っています。利き腕で竿を持つように
慣れる前に巻き取りスピードが遅すぎて根に入られるようなことがあればすぐに右巻きに戻しますが・・・。
独身時代と比較し釣行回数が激減しておりますので1回の釣行、1尾を大切にしていきます。

ウマズラ釣りの名人ですか?
これだけ釣れれば楽しかったでしょうね。
たまには棒ウキも使ってくださいよ!!

この後が大変でした。一人で6人前の料理を作り部屋の中は魚のにおいで気分が悪くなりましたです。
特に料理で好評だったのは、ウマズラ飯これは絶品でございました。ゼヒハギ類を釣ったらお試しアレ

私はウマズラは好きではありません。丸ハゲが好きです。
日振8番、9番足元に尾長乱舞しているようです。
早く行きたいです。
中泊は連日50オーバー60オーバーが上がっています。場所は決まっていますが行ってもその磯に上げてくれないのは分かっていますし、万一掛けたとしてもよう捕りません。よってこんなでかい尾長も宇和海で釣れるのだなと感心するだけで満足です。

御五神にはもうよっぽどの誘いが無い限り行きません。ほとんどの磯に上がりましたし99.9%口太です。夢がありません。渡船屋もチンタラしています。
一昨年からホームグランドは心の中で日振にしています。ここも尾長は少ないですが磯がたくさんあるので磯に対して新鮮味があります。
須下、由良は尾長が混じる可能性が日振、御五神よりぐっとあがり魅力がありますし、新鮮味があります。

「遠矢ウキの使い手」さんの御五神に対する思いはよお~く分かりました。が、徳島の磯釣の格言?にこういう言葉があります。(1つの磯で米一俵) 1つの磯で米を(昼飯を)1俵食べるくらい通い続けなければその磯のことが分からない。良く釣れないということです。まだまだ修行がたりませぬ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/48316018

この記事へのトラックバック一覧です: 5月8日 須下への釣行:

« 5月2日 武者泊への釣行 | トップページ | 湯山でのアマゴ釣 »