« 須下の釣 12月4日 | トップページ | 某釣りクラブの大会 状況 »

2010年12月11日 (土)

平成22年12月11日 須下へのリベンジ

須下へ 先週の雪辱を果たすために釣行

天気は晴れ、やや風が強かった、潮は中潮10時頃満潮

松山を3時に出発、途中オリンピアでエサを仕入れて坂本渡船へ5時半到着

この時間なのに駐車場はほぼ満杯。あまりに車が多いので人数のチェックをするとほとんどが1人で来ている様子、結局 総勢16人しかいませんでした。ここの磯は1人の客が結構多い場所である。

船頭にキヨバエに他の1人客と一緒に上がるか、オオヒラバエで1人でやるか?と聞かれオオヒラバエを選択する(この磯へは上がったことが無かったので)。

今日は昼から波が出るので雨が降りはじめたら、すぐ道具をしまい撤収準備をするように磯上がりの直前におっしゃるのです(ρ_;)。

こんなに今は穏やかなのに!先週に引き続き最悪の事態になるのかァ~?

雪辱を誓って、今回の仕掛けは制覇2号 道糸VerMax3号 ハリスGrandMax3号 

針:華グレ7号(針はずれが2回あったので寒グレ7号に途中から変更) ウキ:円錐3B

この道具立てで本日は攻める(殆んど毎回同じ仕掛けで、代わり映えしない)

ここが船付でありポイント ここは満ちの潮の釣り場と思う。(引きの潮が出るまで船頭がやらせてくれなかった為判らない)

Photo

マキエを2~3杯足元に投入して様子をみるが、エサトリが全然いない。

この時期エサトリもいないのでは「BOSE」の響きが・・・・・・。

がしかし、2投目で43Cmのグレゲット。これは幸先良しとマキエを続けて柳の下のドジョウを狙っていると、黄金スズメダイの群れが黄色の帯になって底からわきあがってまいりました。さあこうなるとサシエは持ちません、どちらかというとこのエサトリは足が遅いのでまだ対処の仕方があります。

極力マキエとサシエが一致しないように流して、30Cm少々を追加、その後35Cm弱を追加したところで弁当船(9時30分)。

弁当を取りに船に上がると、船頭は11時撤収すると言う。かなり波が入って来だしたし、風も強くなると言うので、弁当はとりあえずクーラーへ(クーラーへ入れとかないと飛ばされそう)11時まで目いっぱい攻める。

45Cmと手のひら級を追加し、10時頃に潮が止る。

止まる頃からウスバちゃんがお出ましになりました。こうなると私は戦意喪失!手の打ちようがございません(対策を持ち合わせていません)ここら辺が修験者として修行中ということで・・・・。

修行といいながら、何も考えずトロトロの下げ潮を流していたら、スーツとウキが沈んでいきます。これは! と思い合わせを入れると道糸だけが何の抵抗感もなく風にたなびいております。(ウスバに道糸をかじられていました)

ウスバは嫌いや!大嫌いや!

この時点で(10時半)、全く戦意喪失!早々にバッカン洗い片付け終了。

Photo_2

今日は他の釣り場も磯渡し中止になったみたいで、かなりの人がエサを撒きに須下に2番船で来ていて、今まで見たこともないような場所に何人か上がってましたが、

2番船で来て11時撤収だったので、正味2時間も釣りが出来なくて渡船料金\5500はめちゃくちゃ高いのでは?

まァ本人が納得して上がっていれば仕方ないのだが・・・・・。ちなみに坂本は全て断ったとのことだった。

本日の反省。

潮が悪いとか、この潮では釣れないとか、変な先入観は持たずにひたすら釣る。

修行!修行! 私は修験者

« 須下の釣 12月4日 | トップページ | 某釣りクラブの大会 状況 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

エンジンかかってきましたね~!!
日振も11時撤収だったようです。御五神は出たのかな???

お見事な釣果ですがグレの腹がぺっちゃんこに
見えて仕方がありません。
昔の細長いグレに・・・。特に43センチ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/50271452

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年12月11日 須下へのリベンジ:

« 須下の釣 12月4日 | トップページ | 某釣りクラブの大会 状況 »