« 平成22年12月11日 須下へのリベンジ | トップページ | 某釣りクラブ大会 日振り島 パートⅡ »

2010年12月18日 (土)

某釣りクラブの大会 状況

平成22年 12月18日 松山は、晴れ 風は少し吹いている。

日振り島で、某釣りクラブの大会が開催!

参加者12名 (入賞資格のない者2名 全く磯釣未経験者1名を含む)実質参加者は9名という事になる。 表彰は3位までの表彰とのこと。如何なる結果に相成りますことやら?

果たして、このところず~ツと入賞にかすりもしない、賢治大先生。

初めから参加することのみの、名手 富沢。

先週も小銭を稼いだ、井内のおっさん。

誰もがその技を認めている、笹尾大名人

宇和島の天気はかなり風が強く、出船を30分遅らせたそうだ!

12日9時現在の釣果状況

ニシバエの2名 賢治:2匹と1匹すくいそこねてバイバイ  井内:未確認

19番のシモリの岡 笹尾:ボーズ 富沢:もちろんボーズ

賢治大先生は、どうも優勝を意識して(2匹釣っているから)電話の応答より釣りに気がいっている様子!後の結果が非常に楽しみです。

19番のシモリ2人はもうすでに入賞の圏外は見えています。今日は風が強いので磯代わりする場所もないと思いますので、イソベラの数釣りを楽しむことでしょう。

とりあえず 9時現在の取材結果でございました。

« 平成22年12月11日 須下へのリベンジ | トップページ | 某釣りクラブ大会 日振り島 パートⅡ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/50331569

この記事へのトラックバック一覧です: 某釣りクラブの大会 状況:

« 平成22年12月11日 須下へのリベンジ | トップページ | 某釣りクラブ大会 日振り島 パートⅡ »