« 平成23年初釣り | トップページ | 2月5日 中泊 ナカバエ釣行記 »

2011年1月30日 (日)

1月29日 23年 初磯釣行

平成23年1月29日 晴れ 若潮 満潮 14:53

天気予報によると29日の午前中から強風が吹くとのことで、当初須下を予定していたのだが船頭に断られて、由良なら大丈夫と思い予約を「田中氏」に依頼する。

自宅に3時に田中氏、高野氏、高野氏の友人、が集合し4人で出発。途中オリンピアでエサを仕入れて古川渡船へ向かう。オリンピアのおっさんの話では、あれ程喰っていた御五神が金曜日から全く喰わなくなったとのこと、黒潮が入ってきて急激に水温が上がり、それと時を同じくして全く喰わなくなったと言うことです。

上がった磯は、小猿島のオキ(ミチガタ) 上がったときは地釣り向きへ流れ暫らくすると逆に流れ出した、12時頃には又地釣り向きに流れ出した。ここは基本、地釣り向きに流れる時にアタリが出るようだ。下のの画像は田中氏が釣っていた場所、中央のサラシから右斜め上地釣り方向に流れる。

Photo

田中氏の釣果は、6回掛けて、4回針ハズレ、1回は2号ハリスで磯際を引き付けて狙っていて、思いっきり引きずられてブチ切られ、2回目は2.5号に変えて少し沖を流していた時にアタリ、暫らくの間「市中引き回しの刑」に処せられ頭を深く下げたのでした。

私の釣果は?というと、ウマズラ30Cm1匹 タカノハの親戚か?30Cm1匹 アイゴ30Cm1匹 アオブー72Cm、50Cmの2匹以上の結果でございました。

仕掛けは毎度同じの、竿1.5号 ハリス2.5号(ジンタン5を1個中間に) 道糸3号 ウキ3B 今回もアオブーが獲れたことで、「剛剣」 お気に入りに登録!

Photo_2

Photo_3

今日の天気は、天気予報どうりに11時過ぎにはものすごい状況になってきた。地釣り方向から吹く強風と小猿の水道からの強風が重なって目の前で、「風の渦」が巻いているのが確認できます。小さな竜巻状態です!なんとか強風に耐えてやっていましたが、ついに終了する時がやってきました。

時刻は1時ちょっと過ぎ、ものすごい風が吹き私は立って居られず、バッカンの撒えさの中に右手をつき四つんばいになって、磯から落ちずにすみました。起き上がってみると田中氏のエサの入っていたバッカン、たたんで置いていたタモ、被っていた毛糸の帽子が目の前に浮かんでいます。どんどん沖釣りに向かって流れていきます。

船頭に電話を入れ、遠矢ウキ状態になって流れていく「タモの柄」を拾いに行く為に船に乗り込む、その時船頭は「もう止めるからなア~」と一言言って全速で沖釣り方向へ波を蹴散らせて進んでいきます。

他の渡船も一斉に動き出しています。

田中氏の一言が、全渡船を撤収させてしまったのです。

Photo_4

恐るべし 田中氏

釣友に同姓の田中氏がいますが、彼は年間釣行回数が120回を超えます。

やはり田中氏は一目置くべき人物です。

今日の一言

田中氏に幸いアレ

« 平成23年初釣り | トップページ | 2月5日 中泊 ナカバエ釣行記 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

須下フナツキの制覇ポッキー、黒崎3番のオレガポッキーに引き続きまして今回は姿形全て無くなってしまいました。

総額???

3回とも坊主でございました。

思い出したくありません・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/50727240

この記事へのトラックバック一覧です: 1月29日 23年 初磯釣行:

« 平成23年初釣り | トップページ | 2月5日 中泊 ナカバエ釣行記 »