« フィールドテストin須下 | トップページ | 1月29日 23年 初磯釣行 »

2011年1月17日 (月)

平成23年初釣り

平成23年1月15日土曜日 高知県立石イカダへ釣行

15日16日と天気予報では最悪の予報! 15日の昼から風が変わり強風と雪になるという。

今年の初釣りなので、ホームグランドの須下に行こうと予定していたが断念!

どこへ行っても無理だろうと思っていたら
徳島の賢治大先生から電話があり

吉良川か立石のイカダなら多分大丈夫とのことで、すでに予約を入れたという!

吉良川ではシマアジ 立石ではハマチが食っているので立石の2号イカダを予約し、現在の予約者は大先生を含めて2名。
早速、追加1名予約を入れてもらう。

松山を11時に出発、AM 2時に「いはら釣具」小松島店に到着。2時30分賢治大先生と合流し室戸岬を目指しました。

私は立石イカダに着くまでず~ツと後部の特性ベットで寝ていました。何故か非常に体がだるい(小松島に着くまでにも2回ほど意識が飛んだ!)

5時過ぎに到着し、船に荷物を積み込むが、

最終的に釣り人は3人だけ!!

こんな日に釣りに来るバカはいない(来るのは変な人のみ)、ちなみに吉良川も3人しか客は居なかったみたい。
真っ暗の中、2号イカダに3人上がり、2人は「沈め探り釣り」私は、電動リールPE4号道糸 ハリス10ぴろ(5号ハリス)の3本針仕掛けで10号負荷のウキでタナ(7ヒロ)をとり流し釣りで開始

夜が明けきらないうちに、よそのおっさんにヒット!70ちょっとのハマチ。暫らくして又ヒット、今度はヘダイ。

その2匹とも私が玉入れをして、その後ぼ~と椅子に腰掛けていたら、リールが雑音を発てている。

始めは、何の音か気が付かずキョロキョロ
気が付くと、スプールが激しく回転しながら糸が引きずり出されている。100Mほど流した地点でのアタリだった。

何とか取り込みに成功。73Cmのハマチ

Photo

その後、63Cmの真鯛を追加したが、その後全然アタリなし

Photo_2

一方賢治大先生は、ハマチ3匹(3匹ともきっちりと71Cmでした)

1回ハマチらしきアタリがあったが針はずれ!この失敗を思いっきり喜んだのは言うまでもありません。

下の画像は余裕ファイト中の賢治大先生! 釣果はハマチでした。

Photo_3

下の画像は、上の画像に写っている竿に大きなアタリが合った正体です。

しっぽに針がかりしているのでかなり良い引きをしてました。

Photo_4

しかし、「因果応酬」というか「人を呪わば穴二つ」というか

あまりにも釣れないのでフカセをして遊んでいると、ほったらかしで流していた浮きがすーツと消えていきます。

あわてて飛んでいってアワセをくれ巻き始めてしばらくすると、すっと軽くなりました・・・・・。

それっきり私にはアタリはございませんでした。

3時に納竿、それぞれの釣果は
賢治大先生 ハマチ3匹 ウスバハゲ1匹

よそのおっさん ハマチ4匹(一番でかいのは81Cm) ヘダイ1匹 サメ3匹

サメ ダブルヒット(70センチくらい)

Photo_5

私 ハマチ1匹 真鯛1匹 トビウオ1匹

以上の結果でした。

本日の反省
手を抜いた釣りはしてはいけない。

手間隙をかけた行動は、必ず反映されるとは限らないが、それなりの結果はついてくる。

« フィールドテストin須下 | トップページ | 1月29日 23年 初磯釣行 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

初釣りから横着な電動リールですか?
室戸の真鯛、ハマチは美味ですか?

来週北西が吹いてもI橋渡船には行きたくないのですが・・・。
HGのS本渡船でお願いしますね。
そろそろ2月、北西ビュービューならば竹が島へ
非難しませんか???

室戸のお魚さんは、美味しいと感じるのは稀です。手間隙かけても素材が問題で、それ以上の味にはなりません。ただ遊ぶだけの楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/50614982

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年初釣り:

« フィールドテストin須下 | トップページ | 1月29日 23年 初磯釣行 »