« 今年初めて須下へ | トップページ | 3月5日 某釣りクラブ大会 »

2011年2月28日 (月)

佐田岬釣行

2月25日 会社を休んで岬へ釣行 潮は小潮 風も殆んどなかったが10時過ぎから北風がかなり吹いた。

岬に雲が滝のように流れ込んでくる。高さ10mはある風車を雲が飲み込みながら滝のように流れ落ちてくる。

Photo_2

Photo_3

7時過ぎに保内を出発、いつものポイントに8時には到着。風がなかったので海はべた凪! こんな日は運転がやり易いのでついつい注意力散漫になってしまう。名取の沖にはかなり漁師が出ていた。

ポイントを真鯛狙いで少し桜バエ沖にかけ、早速釣り開始!カゴまで10mで始める。150mまで流すがサシエもついたまま。数回流して3本針の1番上の針にウマヅラがヒット。それ以降何のアタリもなし。

少し桜バエ寄りにアンカーを入れなおし再開。

ウキ下10mで流すとサシエがなくなる。6mで120m位流したところで ヒット!

結構な引きを味わいながら取り込むと、真ん中の針に60Cmの真鯛。一番下の針に38Cmのイサキと変なタナで喰ってきた。

Photo

その後同じタナで流しイサキを連発。60~150mまでとかなり流す距離にばらつきはあるものの同じタナで喰ってくる。

一方、松本氏と日根氏は殆んどアタリがない。タナも3人ともほぼ同じはずなのだが?

違うのは、私の仕掛けは8号幹糸にハリス5号とかなりヘビーな仕掛けだ。

それと、サシエは私は生オキアミだが、他の人はボイル

この2点しか違いはない!

しかし、結果は私は真鯛1匹とイサキ8匹、松本氏はイサキ2匹 ウマヅラ2匹、日根氏はウマヅラ1匹だけの結果でした。

Photo_4

今日の反省。

何が要因で釣果に差が出るのか?それが全く想像できない釣りであった。ハリスは太いし、タナも違わない、いったい何が要因なんだ?

まア、それがはっきりと認識できるようなら 修験者卒業ってことですわ。

« 今年初めて須下へ | トップページ | 3月5日 某釣りクラブ大会 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

年輩の方との同行時は遠慮釣法も必要ですよ!!
今のイサギは美味かったですか???

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/50998388

この記事へのトラックバック一覧です: 佐田岬釣行:

« 今年初めて須下へ | トップページ | 3月5日 某釣りクラブ大会 »