« 平成23年秋の陣 10月8日 須下 | トップページ | 平成23年11月12日(土曜日) »

2011年10月30日 (日)

再び須下へ

10月29日須下へ!潮は中潮(満潮8:55) 天気は曇り 風もなく気温も高く汗だく。

上がった磯は、タカバエ! 

マキエをすると黄金スズメダイがメインで、ウスバがうろちょろしているが、グレは確認

出来ない。

私の仕掛けは、竿1.5号 道糸2号 ハリス2号(ガンダマなし)で8時くらいまで頑張った

が、ヤズを一匹釣っただけ!

一方の大名人は、グレ47cm、アコウ40cm一匹、ヤズ一匹を上げたが、

4回掛けて1発ぶち切られ3回ハリハズレ。

ちなみに大名人の仕掛けは、ハリスは3号、道糸4号 竿1.65 水中ウキ0.5号 棒ウキ 

ハリスにガンダマ5Bを一発かました二本針!

超完全フカセ仕掛けです。

ムムム・・・・・・。

その時は、何故じゃ~? 何でじゃ~? 

と思ってましたが、下記の水中画像を見て納得。

固定観念を持った仕掛けでは、安定した釣果は望めないということが

よ~く 解りました。

弁当船までヤズだけしか釣れないので、磯代わりをして別の磯の水中画像を撮影しよう

と思っていましたが、

大名人がグレを釣ったので、意地汚くここに残って釣ることに決定!

というのも、大名人とは二匹長寸(2匹釣らないと権利なし)で千円にぎってました。

一匹釣られていたので焦りまくり!

一方、大名人は余裕で、弁当船でスズバエに変わって行き結果(イサキを入れ食い

ガガネの35cm位のを2匹アコウの40位の追加でクーラー満タン)

それに引き換え私は・・・・・・。

かろうじて42cmのグレを1匹釣ったのみでした。

特記事項として、私は3回掛けて、1発目は瞬殺 アワセをくれた瞬間に2.5号ハリスは

ぶち切られ、2発目はスプールオープンでアワセを入れてそのまま何も出来ず

道糸からぶち切られ、ウキも何もすべて失いました。

3発目、性懲りもなく2.5号 竿も1.5号のままつり続け、またもや道糸を引きづり出され

またもや全てを失いました・・・・・・。

猿にも劣る行動でございました。

反省 反省 反省!

« 平成23年秋の陣 10月8日 須下 | トップページ | 平成23年11月12日(土曜日) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

S尾大名人爆釣おめでとうございます。

今回は前回より鮮明な水中画像でびっくり!!

ハリスに5Bの2本針釣法の水中画像が欲しかったです。

おっさんは動画の中で2回も「ソウシキハゲ」と大きな声で言いました。あれは「ソウシハギ」です。途中から撒き餌をしていますが、あれは安物のボイルですネ。撒いた撒き餌が大量なのかそれとも魚の活性が低いのか、撒き餌は底まで通っていました。グレは3~4匹視認出来ましたが、型が今一判りません。それと捕食するのに上下運動を余りしていないと思いました。こんな時は確かにデカイ鉛を付けてズドンと落とし込んだ方が効果あるかも知れません。あくまでIFの話です。真似出来ません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/53115821

この記事へのトラックバック一覧です: 再び須下へ:

« 平成23年秋の陣 10月8日 須下 | トップページ | 平成23年11月12日(土曜日) »