« 11月4~5日の釣り | トップページ | H23年度 最終磯釣り行 須下 »

2011年12月12日 (月)

平成23年12月10日 日振島釣行

日振島へ 某釣りクラブの頭数合わせ要員として参加

総勢13名参加 場外乱闘参加者:笹尾大名人、井上氏、遠矢ウキの使い手、と私の計4名

表彰規定 1匹長寸(グレのみ) 1人:¥500

場外規定 2匹長寸(サイズは関係なしグレのみ)1人:¥1000

上記大会規定で醜い争いが始まりました。

天気は晴れ。 しかしながら強風、波も結構あった。

出船はするが13番より向こうの磯は使えないとのこと。

水温は確認していないので不明だが、水中画像にキツの群ばかり写っていたので

20度位はあるのでは・・・・?

船内くじは2番。

これは結構期待できるのでは?と期待に胸が高まります。

磯割りが決まり、磯わり表から9番先端を選択。

後で考えると、強風なのに何故此処を選択するのか? 

天気の状況なんか ナア~んも考えていない。

ただただ 引き潮場 有名磯 9番 単純明快なわたしです。

磯上がりしたが、道具を流されないよう一番高い、風の当たりにくいところへ避難!

当然釣る場所も、高い処で竿を出すが、それでも何分かに1回は頭から潮をかぶる!

同行の「田中はん」は先端を果敢に攻める!が、

やられた~! との声 

振り返ってみると何ともない様子

実は、バッカンは磯に引っかかって無事だったが、サシエはなくなっても~た。

と田中はんは情けない顔をしておりました。

私の釣果は、オカ向きの水道を釣って、35cmと25cmの2匹で終わりました。(。>0<。)

言い訳がましくなりますが、良型(45~6)のグレを浮かせてタモですくおうとしたら

尾っぽを振り振り帰って行きました。(一応浮かせた事を記しておきます)

原因は、チモトが回転して針が外れてしまいました。(技術的に未熟な私)

田中はんの釣果は、先端は諦めて真ん中のシモリ際で25~28cmを2匹、その後

先端まで出て行って、1時半頃 最後の一投で35cmを一匹仕留めました。

場外乱闘の結果ですが、私が回収いたしました。

笹尾大名人のクーラーは非常に重かったのですが、余ったエサが重かっただけでした。

井上氏もボウズ。

35と28を釣った田中はんじゃなくて、35と25を釣った私が場外乱闘を制した訳は

田中はんは、手のひらクラスのグレやとなめてかかって、潮だまりに放り込んでいたので、

波で大きいほうのグレが逃走してしまったのです。

その点貪欲な私は、25cmのグレもタマで掬った事を書き記しておきます。

私の貧果にも関わらず、出費を少し助けていただいた3名の方々に感謝したいと思い

ます。

« 11月4~5日の釣り | トップページ | H23年度 最終磯釣り行 須下 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

釣りは凪の日に誘ってください!!

双方が見えるほどの近場に大名人が上がっていたからなのでしょうか???
この貧果は!!!
もう少し遠くに降りていてくれれば爆釣だったかも
しれません!!

使い手殿 神様の実力を実感していただきましたか? 神は偉大なり!この言葉を忘れてはなりません。今週がチャンスです。今週は釣行しないと、電話がありました。

足の引っ張り合いですなぁ。本編に登場する「田中さん」と言う方は同姓ですが、なかなかの凄腕ですね。ハッキリ言うけど人間が小んまい私には真似が出来ません。しかし、少しづつ少しづつ皆様に追い着きたいと努力します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/53467879

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年12月10日 日振島釣行:

« 11月4~5日の釣り | トップページ | H23年度 最終磯釣り行 須下 »