« 24年2月25日 ナガハエ | トップページ | オシアガリ »

2012年3月24日 (土)

又々 ナガハエ

平成24年3月18日

天気   雨 ず~と1日中雨

釣り場 ナガハエ(須下)

風    午前中は南東よりの風で暖かかったが10時過ぎから北西の風が吹き出す

波    昨日はかなりウネリがあり船止め、その名残がかなりあった

水温   不明

潮    中潮 干潮10時09分

同行者 笹尾大名人

釣果   大名人 グレ44cm、31cm ボラ60cmx2 

      私 グレ ZERO ボラx1 アイゴx1

今日は、1人が9組も入っているので「何人かで上がってくれ」ということで3人でナガハエに上がる。

早速、場所決めのジャンケン 即最下位決定!

大名人は先端の左側に、もう一人は右側え、当然残された私は船着で身動き取れず。

いつものように大名人とは握っているので、そそくさと仕掛けづくりを始めたのですが、

偏光グラスと老眼鏡を忘れてきたことに気がつく。

もたもたして仕掛けがなかなか作れない (≧∇≦)

仕掛け作りに四苦八苦していると、大名人が船頭に電話してくれと言う!

なんで?て聞くと、左沖を指差す!

バッカンが流れていくのが見えます。

大名人がタマを手に船に乗り込みます。しばらくして帰ってきたのですがバッカンは空っぽ

Photo

タマの柄はポッキリ折れていました。

きっちりと、記念撮影をさせてもらいました。(o^-^o)

Photo_2

この日は雨プラス雷で、私が仕掛けを作って

さあ釣ろう!と竿を持った瞬間、ビリビリと青白い静電気が指先から走ります

何十年も前に経験した浅川の雷雲の時と同じ状態です。

何回竿をあげてもビリビリきます。

他の二人に声をかけても、体感的に鈍いのか?

それともカーボン含有率の低い竿を使っているのか?

なんともないと言います。

しょうもない状況を長々と書いていますが、これといった特筆すべき内容がありません。

しかし水中には、グレやキツがいっぱい餌を拾ってますが・・・・。

ず~~ツとず~~ツと、変化のない時間が過ぎていきます。

12時頃に先端付近でワキグレが出てきました。先端の人が果敢に攻めますがダメです。

もう諦めて風裏に移動しても全然ダメ。

納竿1時間ほど前に、ふと後ろを振り返ると大名人が掛けています。

タマを持って行くと結構な型のグレ。

なんでマキエもない御仁に釣れるのかと、ひょこひょこ竿片手に見に行くと!

磯際までワキグレが胸びれを出して泳いでいます。

そのワキグレを見て釣った大名人は、ボラかもわからんと言います。

ウキ下を矢引にして攻めますが

釣れず

もう気力もなくなり納竿、それを見て大名人も即納竿(もう2匹釣っていたので)

今日の一言

マキエもないおっさんに負けてもうた。情けない (´;ω;`)ウウ・・・。

 

 

« 24年2月25日 ナガハエ | トップページ | オシアガリ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

ちょっと文章が短いですね。
大名人のバッカン流れ、玉の柄ポッキーで握りに
勝っていたならば・・・・・・・・・・。

文章もスラスラ書けるのでしょう。


玉で魚を掬ってあげて、サシエも恵んであげて
行いはよいのですがマキエのない人に負けたら
何も言えませんね。

う~む!

何にも返す言葉を思いつきません。

何を言われても、

ひたすら耐えます。

忍びます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/54268289

この記事へのトラックバック一覧です: 又々 ナガハエ:

« 24年2月25日 ナガハエ | トップページ | オシアガリ »