無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 須下リベンジⅢ | トップページ | 2018年 4月12日 »

2018年4月 2日 (月)

2018年3月23日 前島 胴

今回は、23日しか行けず、いつも行っている須下の船頭から北の風が残りそうなので、来るなと言われる。

この日を逃すといつ行けるか分からんかったので、風の影響が比較的少ない前島周辺と、竹ケ島周辺に行くことにして、うえむら渡船に松山のAさんの紹介で、ということで予約。
効果は絶大で、すぐ船頭からAさんに連絡が行き、実績のある場所へ上げますからと船頭から連絡があった。
当日、金曜日にもかかわらず、13人(我々も含む)もお客さんが来ている。
私と、八ちゃんが前島の同に上がり、I氏とA氏は竹ケ島の2番に上がる。須下の船頭が言ったとおり、北の風がかなり吹き、12時過ぎまで日陰なので寒い。
二ひろから始めて竿1.5本まで、アレコレ!手変え!品替え!やっては見るが、アタリは出ずに刺し餌だけ無くなる状況がず~ツと続く!!
潮も左から右へ流れたり、左へ行ったり、流れんかったり、集中力を削り取っていく。
朝の6時半から、やっと1匹釣れたのは33cmのクチブト
Img_0639
それからもずーツとおんなじ状況が続き、終了間際の1時45分頃に1匹追加、これが腹パンパンのグレ、腹がパンパンなので、竿 1.5号、道糸 2号、ハリス 2号、針 剣華グレ6号の仕掛けでは、引きはもう一つでスリリングさには欠けた1匹でした。
竹ケ島2番では、風が正面から吹き付けて、且つ満ちの潮がゴウゴウ流れ1番まであっという間に流れる状態になり、朝の一時にA氏が41cm、35cmの2匹を釣ったのみとなった。
I氏はグレはゼロ匹だった。
一緒に上がった八ちゃんもグレはゼロ匹だったが、タカノハ41cmを釣り上げ一度根に入られたが、どうにか引きづり出した1っ匹だった。
Img_0640_2
八ちゃんは、リリースしかけたのですが、私が頂いて刺身でいただきました。
磯釣り師にとっては嫌われ者ですが、今シーズンの1月からは持って帰ることにしてます。
2~3日前テレビで、無人島生活でタカノハを塩焼きにして食べてましたが、くさ~い!
と言ってましたが、アイゴは絶対よう食べん私ですが、1~2月頃のタカノハはお刺身で美味しくいただいてます。
ほとんど釣れなくて、書き連ねる内容がないわけですが、いつものようにグレ1匹長寸で醜い争いをしていたので、皆様方よりご指導料を頂き気分よく帰路につくことができました。
今度いつご指導料をお返しできるか分かりませんが、お預かりしておきます。( ̄ー ̄)ニヤリ

« 須下リベンジⅢ | トップページ | 2018年 4月12日 »

磯釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521152/66565662

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月23日 前島 胴:

« 須下リベンジⅢ | トップページ | 2018年 4月12日 »