趣味

2017年1月 7日 (土)

釣り大会 須下

2016年11月23日恒例の釣り大会開催

総勢12名
場所 須下 竹ケ島
天気 快晴なれど波高し!強風で本島を諦め、竹ケ島で勝負
3番        松尾 44.5cmを釣って準優勝
S20161123_
       徳山 36cmで5位
S20161123__2
         青野 31.5cm
S20161123__3
4番       宗廣 検寸せず
          茂木 検寸せず
5番       八田 46.5cmで優勝、そして9名参加の醜い争いにも勝ち名乗りをあげました。
S20161123__4
S20161123_142340_4
  新居Dr 42cm
S20161123_dr
 
      宮竹 何~~んも釣れず(この人だけ) 検寸せず
ガメ      中村 32cm
S20161123__5
         高橋 検寸せず
畑の下  粟飯原 37cm
S20161123__6
             堀井  検寸せず
以上の結果で、平成28年度の最後の大会が終了しました。
皆さん大きい小さいの差はあったが、全員グレの姿を見て楽しい大会を終えました。
おおっ~と !
ただの1匹のグレも釣れなかった人が一人いてました。
しかも、優勝魚46.5cm 3位42cmが釣れた磯に上がりながら、グレが釣れなかった人
来年は頑張ってください。

2016年6月28日 (火)

2016年6月26日 夕釣り(中泊)

恒例のグレ釣り大会が12名の参加で、中泊ツバメ渡船を利用して実施されました。

天気は、梅雨なのにカンカン照り、風もそよそよ、波もなく安全な(熱中症以外は)釣り大会になりました。
磯上がりはあみだくじで、私は10番目(吉と出るか凶と出るか?)
まずは、
クロハエに3人(中村、宗廣、青野)
S
S_2 本日の最長寸 48.5cm
Sdr
2番目に、グンカンに3人(新居、矢野、高橋)
S_4
S_6
前回は潮だまりに落として検寸できなかったが、今回はしっかりと47cmをキープ!
 
3番目に、グンカンのコバエに2名(宮竹、粟飯原)
S_7
一緒に上がったもう一人の画像がございません?
グンカンからの観察では、何回も海にお辞儀を繰り返す姿が見えたようです。
最後に、カリガハエに2名(茂木、八田)
S_8
長細いグレが横たわっています
ここも一人しか検寸してません?
私はその真相を知っています。が、あえてここには記載いたしません。
4番目に、カリガハエのオカに2名(堀井、私)
S_10
S_11 42cm 三大会ぶりのグレの姿
私の釣果、グレ2匹と小イサキ6匹
S_12
S_13
意気込んで、今大会に参加したのですが返り討ちにあってしまいました。(。>0<。)
一発道糸からとばされ、その一発が悔やまれます。
この恨みはらさでおくものか!!

2016年6月23日 (木)

またまた中泊 夕釣り

6月19日 4人でつばめ渡船で釣行 

ブログを書いたがとばしてしまい、もう書く気力がなくなったので画像と私の結果だけ

をアップしておく

最終結果、グレ4匹 イサキ16匹
Simg_3453

2016年6月21日 (火)

中泊 夕釣り

2016年 5月31日😂😢

続きを読む "中泊 夕釣り" »

2016年5月20日 (金)

中泊 コデ瀬戸

2016.5.18 中泊 コデの瀬戸 夕釣り

同行者 宗廣Dr 宮竹大名人 と私の3名

朝釣りは、二人でクーラーを運ぶくらいイサキ、グレを釣っていたので期待に胸膨らませて

12:50乗船 朝釣りはたくさん釣っていたというのでコデの瀬戸に決定

まずは、ナカバエに二人下す(結果はほとんど釣れてなかった、カゴ釣りで)

磯上がりし、まずはジャンケン、1番は大名人先端に出ていく、2番は私船着き、Drは朝尾長に切られたという左の高い場所へそれぞれ釣り座を構える。

先端

S_2

船着き

S_3

仕掛けをしながら海を見るとワキグレが磯際まで近づいている

S

釣り始めると、さすがにワキグレの群れは離れていったが、沖では所々で浮いている。

撒餌をすると魚は浮いてくるが、棚を浅くしても深くしても食ってこない

遠投し本流に向かう引かれ潮に乗せると、道糸を引きずり出すアタリ、43Cmのグレゲット

同じように流すと、またヒット今度は少し小さいグレ、その後はアタリすらない。

その後、2匹グレを追加しただけで終了。

Simg_3198

かなりの引きで楽しませてくれたのは、ヒブダイ!

S_4


他方、大名人はグレ43Cmと40Cmの二匹とサンタ(45cm?)と一発バラシ

DrMは4~5発ぶち切られて久々のrockでした。

Drの名誉のために一言申し添えておきますが、あの釣り座では掛けるだけで、取り込むのは不可能なエンタが張り出してます。

釣果には恵まれなかったのですが

Simg_3199


公正なる検寸の結果、私がご指導料を次回まで預からせていただきましたscissors

イサキが釣れると思っていたのにグレしか釣れなくてガックリ!

最後に一言 

楽しい一日にしていただいたお二方に、御礼申し上げます m(_ _)m

2016年4月13日 (水)

イサキ釣れんかなぁ

4月12日 須下へ
潮 中潮 8:46満潮
天気 晴れ 風も無く波もない
ナガハエに矢野氏と2人で上がる
仕掛け 竿1.85 道糸3号 ハリス 3号 針 剣華グレ8号
ウキ オモリ負荷1号に4B.3B.Bを段々うちで流す。

本日は、イサキ狙い本流を徹底して攻める。
何投か後に来たのがキツ51cm



その後来たのがイサキ36cm


その後キツと同じ感触のアタリが有り、しばらくやりとりして、前の磯に出て行こうとして道糸が緩んだのか?
沈み根に入られウキからパー(≧∇≦)

それからは、流せども流せどもアタリもなし、沈めてみるが、エサは取られるがアタリはなし、挙げ句の果てに深く入れ過ぎて根がかり(>_<)、またもウキから喪う。

もうナガハエは諦め、アカハゲに磯代わり
ここも下げの潮がかなり流れ始めていたので、弁当も食わず釣りやすい内にと2人で必死に流すが・・・m(__)m

弁当を食べながら、引かれ潮の流れを釣っていると、50cm位の真鯛がエサをひらいに上がって来る。
眼の色変えて狙っていると、ウキがスゥ〜と入る。
やりとりをしてると鯛特有の頭をふる感じが伝わってくる。^_^
楽しんでいたのは束の間、竿先がぴょーん⁉︎
3号を掛けてたので、なんで⁉️とハリスを手にとって見てビックリポン❗️
な な なんとブタのしっぽがくっついている
ガックリ❗️

以上でこの磯での修行は終了。

この時期の釣りの難しさを実感した1日でした。

他の磯の釣果ですが、ムロバエ グレ5枚 ヤスケ二人で鯛一匹とグレ5枚 ナガハエのオカ 一人でグレ一匹 シリブト 二人で鯛一匹と不明 シリブトのカド一人でニギニギ
ウスバエ二人でカゴ釣り不明。
以上のように、平日にもかかわらずジジイがいっぱい来てました^_^。

2016年3月16日 (水)

2016年 3月16日 須下

3月16日 今年最後の寒グレ釣りに須下へ
同行者 宮竹大名人、宗廣dr 、八田氏、と私の4人
天気は晴れ
潮は小潮 満潮12時15分
風 無し 気温もかなり高い 波もなく穏やか
上がった磯は、宮竹大名人は シリブトカドへ1人で
私たち3人は、オシアガリへ
宗廣drが、第1投目でいきなり45cmを釣り上げる。

私は、竿1.5号 ハリス 2.5号 ハリ剣華グレ7号の相変わらずの仕掛けで、突端の左側に釣り座を構え、左から右に流れる潮に流して掛けたが、ブチ切られるm(__)m

満ちの潮が本格的に流れ始めると、アタリさえなくなる。5〜60メートル流すとコンマイイサキが食ってきたが、後が続かず(>_<)





全然釣れないまま本流を流しながらボーッとしてたら弁当船が来てるので、巻き上げ始めるとなんか重い、かまわずに巻き続けるとグーンと乗ってくる。しかし、余り引かない。グリグリ巻き続け、上がったのは44.5cmグレのアタリさえわかりませんでした。ほんでもってムカつくことに、わずか5ミリの差で、宗廣drに醜い争いに決着をつけられてしまいました(≧∇≦)

八田氏は、アテンダー2号の竿下ろしだったのですが、
二発ブチ切られて、その性能を十二分に引き出すことが出来ませんでした。

宗廣drは、45cmのグレと30cmのはイサキ一匹づつを釣り上げてました。




宮竹大名人は、仏様のように後光が射しているみたいです


大名人の竿の証拠画像です。

グレには見放されてしまいましたが、カモメ喜んでくれたみたいです^_^。



グレのアタリさえわからん私ですが、アタリが分かるように修行を積み重ねていきたいと思っております。

2016年3月 5日 (土)

2016 3.3 ヤスケ

天気は晴れ、波もなく、風もない。
潮は長潮、満潮13時 絶好の日和と、意気込んで行ってまいりました。

船頭は、昨日二人でクーラー各自🈵だったと、
プレッシャーをかけてきます。

満ち潮がキレイに御五神に向かって流れています^_^。

仕掛けは何時もの竿 1.75号 道糸3号 ハリス3号 針剣華グレ8号で、タナ竿一本で開始する。

撒き餌をすると、結構な型のグレが餌を食べに上がってきます。が餌を取られるばかりでアタリが出ません。
何度流してもダメ!
船頭の🈵だったとの言葉に焦りが出ます(⌒-⌒; )

思い切って、竿1.5号 ハリス2号 針 剣華グレ6号にチェンジ、一発で30センチくらいのが食ってきた。
が、後が続きまへん😢

又、元の仕掛けに戻し沖まで流すと41.39と食ってきた。このまま釣れ続くのかと期待していたら、流れがナガハエの丘に向けて、真横に流れ始めると、全然アタリも出なくなって、磯際を流していたら、二発切られ益々気分が落ち込む!

最後までさし餌はなくなるがアタリが無い状況が続いて、迎えの船が来てしまいました。

同行の矢野氏は✊で終わってしまいました。
二回続けて、ヤスケでやられてしまいました。
どうやって釣ったら良いのか、ようわからん!





もうグレのシーズンも終わりなのかなぁ〜!

2016年2月25日 (木)

2月12日 須下 2016年

潮 中潮 満潮 9:50

天気は晴れだが、南の風がかなり強い!
水温不明(聞かなかった)だが11日から、グレの食い気が落ちてるみたい (ρ_;)
同行者 熊さん、八ちゃん、私の3人
この日も金曜日というのに、車が12台も駐車している。
ほとんどジジイばっかり。日本の現状をしっかりと反映しています (@Д@;
上がった磯は、ヤスケ
まずはジャンケン、一発で負けて、潮と風が正面から吹き付けてくる西南向きに構える。
八ちゃんが船付きに構え、熊さんはその隣に構える。
Photo_3
私が仕掛けを入れる前に、早くも熊さん38位のをゲット、2投目もすぐさま同型をゲット
今日は入れ食いになるのではと胸が高鳴る。も後に誰も続けない (。>0<。)
何故仕掛けを入れるのが遅いのか?
仕掛けをセットしようと穂先を伸ばしたら、しゅ~ツと穂先の薄皮が剥けてきた weep
剛剣1.5号をあきらめ、制覇2号で仕掛けをセット。
しばらくして、八ちゃんが48cmをゲット、続いて47cmもゲット
しかし、私はアタリがあるものの針に乗せられない
やっと、35cmを1匹ゲットしたところで、やっと、満ちの潮が流れ始める。
その潮に乗せて流しているとス~ツと浮き入れ、シュっとあわせを入れると、バキツ
三番目がへし折れた。そんな~(;ω;)
制覇1.5号に変えて流していると、磯際でウキがス~と入る。すかさずあわせたが、一気に走る。根性のない私は、糸を出してしまい道糸からプツン!ホンマ情けない。
本命の潮なのにアタリさえなくどうしようか迷って(磯代わりするか)いたら、10時前には弁当船が、八ちゃんが船頭に釣れたか~と聞かれ、全部で5匹と言うと
少ないな~! 船頭のデリカシーのないことばに少し傷つく
磯代わりするタイミングを失ったのでこの場で続行し、私は八ちゃんの右横に入れてもらう
遠投し46cm~35cmを5匹追加、八ちゃんが1匹追加、熊さんは私のまだ右側へ釣り座を変えねばるも追加なし。
Photo
この日は他の磯も食いが悪く、ボウズの磯もあったとのことが、せめてもの慰めであった。
何が悔しいッて! 諭吉先生が八ちゃんのもとへと旅立ったことと、
Photo_2
竿を2本もへし折って、いったいいくら支払わなければならないのか、めちゃくちゃ腹が立つ

2016年2月 5日 (金)

第23回ぐれ釣り大会

2015年11月22日(日) 須下

参加者 12名 
ウスバエ(新居、森本、宗広、徳山)
私の釣果
S
ワラサキ(八田、高橋)
40オーバーを釣り上げたが、潮溜まりに落とし込んで さよーならー
S40c
ムロバエ(中村、宮竹)
二人とも40オーバーを28Lクーラー満タンでした
優勝、準優勝の二人
優勝は46.5Cm 準優勝は45Cm
S_2
ツタ(青野、粟飯原)
S_3
マツバエ(茂木、堀井)
S540
12名の参加で、久々の釣大会の実感がありました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー