shumi-turi.cocolog-pikara.com > 2008年度釣行記録

醜い姿

醜い姿

大三角奥の奥  2009年2月21日 (土)

根性なしの2名の醜い姿です


大三角のやり取り

大三角のやり取り

大三角  2009年2月21日 (土)

かなりの大物を掛けてやり取りをしていますたが、最終のタモ入れでぶち切られていました


大三角のやり取りⅡ

大三角のやり取りⅡ

大三角  2009年2月21日 (土)

やり取りをしている大三角の全景です


笹尾大名人の釣果

笹尾大名人の釣果

大三角奥の奥  2009年2月21日 (土)

アカンワこんな魚釣れる様では!


大三角の全景

大三角の全景

奥の奥から  2009年2月21日 (土)

大三角を奥の奥のさらに奥から眺めた全景です


須下 下のナガハエ、黒崎3番での釣果

須下 下のナガハエ、黒崎3番での釣果

須下  2009年1月17日 (土)

最初下のナガハエに上がり、弁当船で黒崎3番に磯代わりした釣果


賢治の釣果

賢治の釣果

立石イカダ  2009年1月11日 (日)

グレは25~30cm イサキ25~30cn ヒラソーダ40cmくらい


笹尾氏がウミガメを掛けて

笹尾氏がウミガメを掛けて

立石  2009年1月11日 (日)

ウミガメを掛けて水面まで上げたのだが、写真を撮ろうとした瞬間ハリス切れを起こして亀の姿を残すことが出来なかった。


イカダから西の空を写す

イカダから西の空を写す

立石イカダ  2009年1月11日 (日)

6時過ぎにイカダに上がり西の空を見ると、満月が水平線に沈む直前でした。
かなりうねりがある為、画像がぶれています。


立石イカダでのトビウオ約35cm

立石イカダでのトビウオ約35cm

  2008年12月23日 (火)

ウキ下竿2本くらいで喰ってきました。


立石イカダのサンタ

立石イカダのサンタ

  2008年12月23日 (火)

沈め探り釣で60~70mくらいで喰ってきたので、てっきりマダイと思っていたのだがサンタだったので、がっくり!


立石イカダの賢治

立石イカダの賢治

  2008年12月23日 (火)

この画像はこの釣人の技量を端的に現しています。この腰の引けように並々ならぬ技量が現れています。結局上がってきたのはサンタでした。


ウスバエのさとし

ウスバエのさとし

須下  2008年12月20日 (土)

午前中は満ち潮がほどほどに流れていたのだが、弁当船が来た頃には全く流れなくなり、気温もグングン上がりご覧のとうり半そで姿でちょうど良い状態になり、天気は上々、釣果はさんざん!


ウスバエの賢治

ウスバエの賢治

須下  2008年12月20日 (土)

年が全身に現れているような気がする画像です。


ウスバエの井内次長

ウスバエの井内次長

須  2008年12月20日 (土)

ひたすら釣り続ける姿に、哀愁を感じる画像です。


私とさとしの釣果

私とさとしの釣果

須下のウスバエ  2008年12月20日 (土)

二人でたった是だけの釣果しかなく、釣ったグレも20cm台の2匹だけ、3週連続でボウズといえる釣果に終わってしまいました。


折れた竿でも魚は取れるの図

折れた竿でも魚は取れるの図

須下のフナツキ  2008年12月13日 (土)

折れた竿でも魚は取れると、証明した画像ですが、本人は非常に撮影に難色を示しておりました。


竿の折れた状態を確認する為の画像

竿の折れた状態を確認する為の画像

須下のフナツキ  2008年12月13日 (土)

嫌がる田中君を、折れた状況を撮影してないと後々語るときの説得力がないと説得して無理やり撮影


竿の折れた状態で取り込む姿

竿の折れた状態で取り込む姿

須下のフナツキ  2008年12月13日 (土)

竿が折れ、尚且つ釣れた魚がキツと判っていてもポーズを決めている悲惨な姿の田中君


20.12.07全員集合

20.12.07全員集合

三浦渡船乗り場にて  2008年12月 7日 (日)

総勢14名のはずが1名撮影にあたり写っていません。まアいてもいなくても関係のない人ですからイイとしましょう。


201207 船上からの1番、2番

201207 船上からの1番、2番

ムロバエ  2008年12月 7日 (日)

この周りの海は、ダツとムロアジがいっぱい、おまけにサメが食いついたダツに飛び掛ってきました。おまけにウミガメが居ついて我々を馬鹿にしているようにプカプカ浮いて離れて行かなかった。


201207地の大バエの3人組

201207地の大バエの3人組

地の大バエに向けて  2008年12月 7日 (日)

この三人だけがニコニコと船に上がってきました。しかもバッカンを海に落とし込んだのに、船頭のおせっかい?で回収できました。この不況の中釣具の売上に貢献できずに非常に残念でもあり悔しく思います。


須下 下のナガハエでの釣果

須下 下のナガハエでの釣果

須下 下のナガハエ  2008年11月23日 (日)

右の列のカワハギは、前日の大三角奥の奥での釣果


下のナガハエを天辺から写す

下のナガハエを天辺から写す

須  2008年11月23日 (日)

同行の2名の写真ですが、磯渡しして直後のなので余裕の顔をしています。
撤収時には、むくれ顔に変化しているのをお見せできないのが残念です!


優勝の表彰式の私

優勝の表彰式の私

石橋渡船の前  2008年11月15日 (土)

御五神での磯釣大会でグレの部で優勝した私の画像です。


釣大会優勝魚のグレの検寸状況

釣大会優勝魚のグレの検寸状況

石橋  2008年11月15日 (土)

実寸46cmはあったと思うが、年のせいかもう覚えていない。
この画像を見ると47~8あるように見えるが、そんなにはなかったように思う。


小松島一文字波止でのグレ

小松島一文字波止でのグレ

小松島一文字  2008年11月 9日 (日)

息子の釣ったグレです。サイズは30cmくらいだったと思います。
波止にしては、結構なサイズだった。


オジサン 約30cm

オジサン 約30cm

  2008年11月 1日 (土)

オジサンのサイズは左側の靴のサイズと見比べてください


ブダイ約40cm

ブダイ約40cm

  2008年11月 1日 (土)

20年11月1日 須下 フナツキで釣ったブダイでごじゃいます。 オジサンも同じ磯で釣れました。(渡船屋のおばちゃんの言ううには、オジサンは刺身で食べると美味しいとのことでした?)